月別アーカイブ: 1月 2013

マウスがチャタリング状態

長年使っていたDELLのよくある付属のマウスがチャタリングを起こすようになりました。

チャタリングとは(wikiより引用)
PC用の古いキーボードを操作したとき、キーを一度押しただけなのに、複数回入力されることがある。あるいは、マウスのシングルクリックが、意図せずダブルクリックとして入力されてしまう。これは、接点の劣化によってチャタリングが発生し、細かいオンオフがキー入力と判定されるためである。

ウィンドウを消す操作をしたら後ろにあるソフトをクリックした状態になってしまったり、複数のファイルを選択したいのに始点のファイルをクリックするとダブルクリック扱いで実行されてしまったりで困っていました。
接続元を抜き差しすると直る場合があると書いてあるサイトもあったので試したけどダメでChatteringCancelerを導入しましたが、ドラッグがうまく出来なくなったり右クリックの反応が著しく悪くなるなど悪化する一方。
本当にマウスが悪いのか、USB切替器が悪さをしているのかの原因を切り分けた結果やはりマウスでした(´・ω・`)。
古いMX400だったかな、それに戻そうか予備の同じマウスにしようか迷った挙句、MX400の掃除が面倒ってことで予備のDELLのマウスを繋いだら無事直りました。

マウスが正常じゃないとここまで使い勝手が悪くなるとは思いませんでした。FF11の窓をアクティブにしたいとクリックしたらダブルクリックした状態になって最大化してしまい、元のサイズに戻すもUSBパッドのX軸かY軸のどちらかが効かなくなるのがオンラインゲームでは致命的すぎ!

チャタリングしたのを見たことがなかったので記事にしてみました。
高額ないいマウスを使ってて同じ症状が出る人はChatteringCancelerを試してみると若干改善するかも。

広告